みなさまこんにちは。

前の記事ではキャットフードの選び方を解説している私のオススメするフードの、カナガンキャットフードを紹介させて頂きました。

色々なキャットフードを試した私が愛猫に与えているフード

本当にオススメのキャットフードなのでみなさんも是非試してみて下さいね。

今回はオススメのキャットフードの紹介記事ではなく、キャットフードの選び方についてまた解説していこうと思います。

キャットフードを選ぶ際のポイント3

簡単ではありますが、今まで私が解説してきた点をまとめると

  • 最初に対象年齢を確認する。
  • 主原料がお肉かお魚かの確認をする。
  • 原材料の品質がヒューマングレードなのかを確認する。
  • 原材料はグレインフリー(穀物不使用)なのかを確認する。

このような感じになります。

この順序で確認していけばキャットフード選びに失敗することはほとんどなくなるのではないかと思います。

まずは対象年齢の確認からするのが鉄則ですね!

どんなに良いフードでも愛猫が対象年齢に入っていなければ与えることはできません。

そして主原料がお肉なのかお魚なのかの確認です。

愛猫の好みがわかっているならなるべく好みに合った原材料が使用されている方を選んであげると、「せっかく購入したのに食べてくれない。」といった失敗が少なくなります。

そして主原料の確認が終わったら次は品質がヒューマングレードなのかの確認ですね。

全てのキャットフードではないですが、中には販売価格を安くするために低品質な原材料を平気で使用している物もあります。

ヒューマングレードの記載があれば、人間が食べても問題のない水準の原材料を使用しているという事なので飼い主としても安心して与えることができますよね。

ヒューマングレードの確認ができたら次は原材料に穀物が使用されているかどうかのチェックです。

猫にとって穀物は消化し辛い原材料であり、下痢や軟便の原因になる恐れがあります。

さらに穀物類はアレルギーを引き起こしやすいとも言われているので、できる限り穀物が使用されていないグレインフリーのキャットフードを選ぶことをオススメします。

今回解説していくポイントは添加物不使用のキャットフードを選ぼうという点です。

キャットフードにどんな添加物が使用されている事が多いのかをざっくりと説明すると

  • 香料
  • 着色料
  • 人工調味料
  • 防腐剤

このあたりが代表的だと思います。

私たちも何かを食べる時に添加物がたくさん入っていると聞いたらあまり食べたくないですよね?

ここでみなさんに質問をしようと思いますが「キャットフードの賞味期限ってどれくらいですか?」

正確にわかる方は少ないかと思いますが、未開封なら1年以上持つものがほとんどですよね?

保存状態にもよりますが開封後でも数カ月持つものがほとんどです。

では私たちがスーパーやコンビニエンスストアで商品を購入したとして、開封後に数カ月も日持ちする物があるでしょうか?

ここまで聞いて気付いた方もいるかもしれませんが、不自然なほど賞味期限が長いキャットフードは、大量に防腐剤や保存料が使用されている可能性が高いです。

防腐剤に限らすキャットフードには、猫にとって食欲をそそる匂いを香料を使用して後から付け足している物も存在します。

これらの人工添加物はもちろん猫の健康にとって良い訳ないですよね。

なのでキャットフードを選ぶ際には完全無添加の物、もしくは使用している香料や調味料が天然由来の物で人工添加物を使用していない物を選ぶようにしましょう。

「人口添加物が入ってるけどほんの少しだからいいか。」と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、愛猫は毎日そのキャットフードを食べ続けるという事を忘れないでください。

愛猫の事を大切に思うからこそ、毎日与えるフードにはしっかりと気を使っていきましょう。

カテゴリー: フードの選び方