みなさまこんにちは。

前回に引き続き今回もキャットフードを選ぶ時に注意するポイントを紹介していこうと思います。

前回の記事はこちら

キャットフードの選び方 購入の際に見るべきポイント1

今回も原材料に関係したキャットフードを選ぶ際に注意する事を解説していきますね!

キャットフードを選ぶ際のポイント2

前回のフード選びの際のポイントをおさらいすると。

  • 対象年齢を確認する。
  • 主原料がお肉か魚かを確認する。
  • 原材料の品質がヒューマングレードなのかを確認する。

この3点についてくわしく解説しました。

どんなに良いキャットフードでも対象年齢が愛猫に合っていなければ与えることができません。

主原料は愛猫の好みがわかってさえいればせっかく購入したのに食べてくれないということにはなりにくい。

原材料はヒューマングレードの物を選べば4Dミート等の低品質な原材料を避けることができるということですね。

おさらいはこの辺にしておいて今回の新しいポイントにいってみましょう!

ヒューマングレードに続きまた新しい単語が出てきました!

グレインフリーです。

ヒューマングレードを知っている方ならこちらのグレインフリーも聞いたことがあるかもしれませんね。

初めて聞いた人も安心してください、ヒューマングレードと同じようにわかりやすく解説していきますね。

グレインフリーとは一言で言ってしまえば「原材料に穀物類を使っていない。」ということです。

これを聞いて「ん?穀物類って使っちゃダメなの?」「なんで穀物類を避けて作ってるの?」と思った方は現在与えているキャットフードの原材料を調べてみて下さい。

小麦とかの穀物類が入っていませんか?

前回の記事でも書きましたが、雑食動物の犬とは違って猫は肉食の動物です。

なので草食動物とは身体の造りが違うので穀物類の消化が得意ではないんですね。

ちなみに得意ではないだけで原材料に穀物類が含まれていても食べることはできます。

「なんだそれなら全然問題ないじゃないか。」とおもったそこのあなた!

それは大きな間違いなんですよ!

消化が得意ではないという事は消化する時に猫の身体に負担がかかるという事です。

消化器官に負担がかかる事で愛猫が

  • 下痢になる。
  • 軟便気味になる。
  • フードを吐いてしまう。

このような症状が起こることが考えられます。

なのでなるべくなら穀物類を与えることは避けたいところなんですね。

さらに私がグレインフリーをオススメする最大の理由があります!

その最大の理由とはアレルギーのリスクを避けることができるといった点です!

グレインフリーとは穀物類不使用の事と説明しましたが、この穀物類は猫にとって消化しにくく身体に負担が大きいというだけでなく、穀物類には猫がアレルギーを起こしやすいものが多いと考えられているのです。

なのでグレインフリーのフードを選ぶという事は愛猫をアレルギーのリスクから守る事に繋がるんですね。

厳密にいうとアレルゲンとなる物質は猫1匹1匹がそれぞれ違うので、グレインフリーなら確実にアレルギーを起こさないという事ではありませんが、アレルギーを引き起こしやすいと言われている穀物類を避けることはかなりのアレルギー対策になると思います。

なので現在愛猫のアレルギーに悩んでいる飼い主の方は、是非グレインフリーのフードを選んでみて下さい。

前回解説したポイントと今回解説したポイントを押さえておくことで、フード選びで失敗することはほとんどなくなると思います。

その他の細かいポイントもまた記事にすると思うので是非そちらもチェックしてくださいね。

カテゴリー: フードの選び方