この記事を読んでくれている皆さんはペットショップに行ったことはあると思いますが、昨今のキャットフードはものすごく種類があります。

種類が多いという事はよりピンポイントで愛猫に合っているフードを見つけることができるというメリットもありますが、単純にどれを選んだらいいのかわからないという方も多くいます。

私も猫を飼い始めた当初は「キャットフードなんてどれも同じでしょ?」と思っていたのですが、うちの猫ちゃんが好き嫌いが激しく全く食べてくれなかったり、食べてくれたと思ったら数週間後には飽きて食べない等かなりフード選びに苦労してきました。

色々なフードを購入して与えているうちにキャットフードに関する知識もついてきたので、同じようにフード選びに悩んでいる方の助けになればとこのサイトを作ってみましたので是非参考にしてみて下さい。

キャットフードを選ぶ際に見るべきポイントとは

それでは実際にキャットフードを選ぶ際に注意する点を説明していこうと思います。

まず第一に確認するのは愛猫に与えることができるかどうかです!

原材料の品質や使用されている物がどんなに良いものでも、対象年齢が適していなければ与えることはできません。

なので原材料の確認よりも先に対応猫種と対象年齢の確認を忘れないようにしてください。

対象年齢をしっかり確認せずに、子猫に与えてはいけないフードを与えてしまい体調をくずしてしまったというトラブルも実際にあるので、フードを選ぶ時は一番最初に確認する癖をつけておいてくださいね。

そして対象年齢に問題がなければ次に確認するのは原材料です。

原材料に関しては確認する点がいくつかあるのですが、まずは主原料が「お肉」なのか「魚」なのかです。

愛猫の好みがどちらかわかっている人は好みの方を選べばいいのですが、まだどちらが好きなのかわからない方はとりあえずお肉の方を選んでおくことを勧めます。

なぜお肉なのかというと、猫は生物学的には肉食なので基本的には魚よりもお肉を好みます。

ちなみによく猫と比較されえる犬は生物学的には雑食なので猫とは違うんですね。

そして「お肉」か「魚」かが決まったら次は原材料の品質を確認します。

私としてはここが一番重要だと思っているのでみなさんもしっかり覚えてフード選びの際は確実に確認してください。

私が原材料で一番注意する点、それは品質がヒューマングレードなのかどうかです!

どうでしょうか?みなさんもヒューマングレードって聞いたことないですか?

わかりやすく解説しますので初めて聞いたという方も安心してください。

ヒューマングレードとは一言でいうと「人間が食べることのできる品質。」ということなんです。

これを聞いて「ん?それってすごい事なの?」とか「全部のフードがそうなんじゃないの?」と思った方は現在愛猫に与えているフードをすぐに変えた方がいいかもしれません!

ペットショップにいってキャットフードを見てみるとわかりますが、このヒューマングレードのフードはなかなかありません。

ではヒューマングレードではないフードはどんな原材料が使われているの?と気になりますよね?

実は安く販売されているキャットフードの多くは販売価格を少しでも安くするために、低品質な原材料を使用している事が多いのです。

代表的なものは4Dミートと呼ばれる

  • 死んでいる(Dead)
  • 障害を持っている(Disabled)
  • 死にかけている(Dying)
  • 病気の状態(Diseased)

このような動物のお肉を原材料に使っているフードもあります。

4Dミート以外にも人間が食べることのできなくなった廃棄されるようなものを原材料として使用している物も少なくないのが現状なんですね。

私はこのことを知ってから必ずヒューマングレードのフードを選ぶようになりました。

キャットフードの選び方第一弾はこのくらいにしておこうと思います。

第二弾も近いうちにアップするのでそちらも是非見て下さいね!

カテゴリー: フードの選び方